チャールズ・ダーウィンとは?

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 男性, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。進化論の提唱者として知られる。妻エマは従姉妹であり、ウェッジウッド家当主ジョサイア・ウェッジウッド2世の娘。エマとの間に10人の子供を儲けた。長男の幼児期の観察記録が、後に「幼児の伝記的記述」として発表され、観察という研究法方法の古典として知られている。
1831年、ケンブリッジ大学で、神学と自然科学を学ぶ。
卒業後、軍艦ビーグル号に博物学者として乗船する事が許され、5年間の世界一周の航海に参加した。各地の動物相や植物相の違いから種 (生物) 種が独立に創られた不変のものだとは考えられないと感じた。ダーウィンは、航海中にライエルの『地質学原理』を読み、地層の変化と同様に動植物でも変化があり、大陸の変化によって、新しい生息地が出来て、動物がその変化に適応したのではないかと思った。特にガラパゴス諸島で、鳥類の変異に着目し、その後ハトの品種改良の研究をする中で、選択と淘汰が自然の現象の中にも当て嵌まる事に思い当たり進化論を唱えた。

チャールズ・ダーウィンの詳細

チャールズ・ダーウィン人気商品

種の起原〈上〉 (岩波文庫)

種の起原〈上〉 (岩波文庫)

価格:¥ 903
オススメ度:
通常24時間以内に発送

種の起原〈下〉 (岩波文庫)

種の起原〈下〉 (岩波文庫)

価格:¥ 903
オススメ度:
通常24時間以内に発送

新版・図説 種の起源

新版・図説 種の起源

価格:¥ 5,040
オススメ度:
通常24時間以内に発送


チャールズ・ダーウィンの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵