呉子とは?

呉子(ごし)は、春秋戦国時代に著されたとされる兵法書。『韓非子』に「家ごとに孫子と呉子を所持していた」という記述があるくらい、古くから『孫子 (書物) 孫子』と並び評されていた。しかし、著者ははっきりとしない。中身の主人公でもある呉起またはその門人が著者であると言われるが、定かではない。
内容は呉起を主人公にして、物語のようにしてある。
現存している呉子は、六篇だが漢書芸文志には「呉子四十八篇」と記されている。
:呉起と武侯との出会いを描いていて一番物語りに近い。篇に加えず
:政治と戦争について記している
:敵情の分析の仕方を記している
:統率の原則を記している

呉子の詳細

呉子人気商品

呉子 (中公文庫BIBLIO)

呉子 (中公文庫BIBLIO)

価格:¥ 760
オススメ度:
通常24時間以内に発送

孫子・呉子 (中国の思想)

孫子・呉子 (中国の思想)

価格:¥ 2,345
オススメ度:
通常24時間以内に発送

孫子・呉子 (全訳「武経七書」)

孫子・呉子 (全訳「武経七書」)

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常24時間以内に発送


呉子の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵