墨子とは?

墨子(ぼくし 生没年不詳)は中国戦国時代 (中国) 戦国時代の思想家。あるいはその著書名。墨家の始祖。一切の差別が無い愛(兼愛)を説いて全国を遊説した。諱は翟(羽の下に隹)という。
最初、儒学を学ぶも満足せず、独自の学問を切り開き、墨家集団を築いた。魯の生まれとも宋 (春秋) 宋の生まれとも言われている。また墨(いれずみ)という名前から、入れ墨をした罪人であったとも考えられる。
著書『墨子』は墨子本人やその弟子が書いた本。散逸しており、元の姿は無い。
第一構成 「親士」「修身」「所染」「法義」「七患」「辞過」「三弁」
第二構成 「尚賢」「尚同」「兼愛」「非攻」「節用」「節葬」「天志」「明鬼」「非楽」「非命」「非儒」

墨子の詳細

墨子の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵