ジョルジュ・ソレルとは?

ジョルジュ・ソレル(Georges Sorel、1847年11月2日 - 1922年8月30日)は、アナルコ・サンディカリスムのフランス人の哲学者、社会理論家。フランス・シェルブール出身。
はじめはフランス政府の技師だった。しかし、社会問題を研究するようになり、1890年代にマルクス主義に接近。労働組合の団結と闘争とを説く(1898年)。その反議会主義と直接行動への志向は当時の知識人と労働者に歓迎された。
最初、マルクス主義理論の弱点と考えたものを補おうとしたが、最終的には史的唯物論と弁証法的唯物論、および国際主義を拒絶した。さらにマルクス主義のいう「歴史の必然」を信じず、慎重に考案された「神話」が大衆を一致した行動に導く、と考えた。したがって、ソレルの行動指針は、ゼネラル・ストライキ、ボイコット、サボタージュによって資本主義を分裂させ、労働者による生産手段の統制をもたらすことに向けられた。

ジョルジュ・ソレルの詳細

ジョルジュ・ソレルの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵