フランツ・ファノンとは?

フランツ・ファノン(Frantz Omar Fanon, 1925年6月20日 - 1961年12月6日)は、白人支配を批判し、アルジェリア独立運動で指導的役割を果たした思想家。ポストコロニアル理論の先駆者としても認識されている。
フランスの植民地であった西インド諸島マルティニーク島の出身。当時の黒人としては上層の家庭に育ち、高等中学校に進学。第二次世界大戦ではフランス軍に従軍。大戦後、アルジェリアで精神科医の職に就いていたが、フランスの植民地主義に反対し、アルジェリア民族解放戦線に参加。アルジェリア独立(1962年)を目前に、白血病で死去した。
『革命の社会学――アルジェリア革命第5年』(みすず書房, 1969年)

フランツ・ファノンの詳細

フランツ・ファノン人気商品

ポストコロニアリズム (岩波新書)

ポストコロニアリズム (岩波新書)

価格:¥ 777
オススメ度:
通常24時間以内に発送

地に呪われたる者 (みすずライブラリー)

地に呪われたる者 (みすずライブラリー)

価格:¥ 3,360
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)

価格:¥ 3,570
オススメ度:
通常24時間以内に発送


フランツ・ファノンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵