ジョセフ・プリーストリとは?

『ジョゼフ・プリーストリー』より : ジョゼフ・プリーストリー(Joseph Priestley (1733年3月13日-1804年2月6日)はイギリスの化学者。酸素の発見者である。
1774年夏、酸化第二水銀を加熱することによって、得られる気体が燃焼を激しくすることを発見し、その気体の中でハツカネズミが長生きすることも発見した。当時フロギストン(燃素)説の時代であったので、「脱フロギストン空気」と考え、1774年ラヴォランジェに話した。この実験を追実験することによってアントワーヌ・ラヴォアジエ ラヴォアジエは燃焼の化学的プロセスを解明することになった。
本来は神学者で独立派(ユニテリアン)教会の牧師であったが、フランス革命を支持していた。科学書『誤りと迷信という古い建物を爆破して』を出版したことにより「火薬プリーストリー」とあだ名され、教会の爆破を計画している、という風説が広まってしまう。1791年、国教会に扇動された暴徒に家、蔵書、実験道具を破壊された。1794年アメリカに移住し、同地で没した。

ジョセフ・プリーストリーの詳細

ジョセフ・プリーストリの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵