ジョージ・バークリとは?

『ジョージ・バークリー』より : ジョージ・バークリー(George Berkeley, 1685年3月12日 - 1753年1月14日)はアイルランドの経験論の哲学者、聖職者である。
物質の客観性を否定した、「存在することは知覚されることである」("”Esse est percipi”")という基本原則の素朴観念論を提唱した。
彼においては、世界は観念であり、たとえば私が机を叩いてその硬さを認識したとしても、「机の固さ」としてではなく、「知覚として」認識しているわけであり、その原因は神であるという。ここに神を置いたのは彼が聖職者だからだといわれる。彼は知覚する精神と、神のみを実体と認めた。しかし、当時はその考えはあまり認められず、主観的観念論、独我論などといわれ批判された。

ジョージ・バークリの詳細

ジョージ・バークリ人気商品

存在と知覚―バークリ復権と量子力学の実在論 (思想 多島海…

存在と知覚―バークリ復権と量子力学の実在論 (思想 多島海…

価格:¥ 3,675
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

人知原理論 (岩波文庫)

人知原理論 (岩波文庫)

価格:在庫切れ
オススメ度:

観念説の謎解き―ロックとバークリをめぐる誤読の論理

観念説の謎解き―ロックとバークリをめぐる誤読の論理

価格:¥ 2,310
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ジョージ・バークリの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵