イブン=スィーナーとは?

イブン=スィーナー(Ibn Sīnā)、全名アブー=アリー・アル=フサイン・イブン=アブドゥッラーフ・イブン=スィーナー(Abū Alī al-Husain ibn Abdullāh ibn Sīnā、ラテン名:アウィケンナ (英語読みの、アヴィセンナも普及している)Avicenna、980年 - 1037年)は、イスラム世界を代表する知識人で、哲学者・医者・科学者であった。中央アジアのブハラ出身で、イランの各地で活動した。イスラム教 イスラム世界の大学者であると同時に、中世ヨーロッパのスコラ学に多大な影響を与えた。
イブン・シーナーは980年ごろ、サーマーン朝の高官の息子として生まれる。ペルシアのアフシャナに生まれ、ブハラで育った。幼いころからあらゆる分野の学問に天分を発揮し、10歳でコーランを暗誦し、16歳で医学を修めるなど、エリートの道を順調に歩んでいた。しかし999年にはサーマーン朝が滅亡、彼は祖国を去り放浪の旅に出る。この頃『医学典範』を執筆し始める。ブルガーンに居を定めた後1015年にブワイフ朝に高い地位で招聘される。1020年に『医学典範』の執筆を終え、同じころ『治癒の書』を書き始める。その後彼は政争に巻き込まれ、再び放浪の旅に出る。1021年イスファハーンに移り住み、その地の君主の庇護を受ける。君主に同行しハマダーンへ向かう旅の途上1037年にその生涯を終える。享年57であった。

イブン=スィーナーの詳細

イブン=スィーナー人気商品

科学の名著 8 (8)

科学の名著 8 (8)

価格:在庫切れ
オススメ度:

ユーナニ医学入門―イブン・シーナーの『医学規範』への誘い

ユーナニ医学入門―イブン・シーナーの『医学規範』への誘い

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


イブン=スィーナーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵