イブン=ルシュドとは?

イブン=ルシュド(Ibn Rushd)、全名アブー=アル=ワーリド・ムハンマド・イブン=アフマド・イブン=ルシュド(Abu Al-Walid Muhammad Ibn Ahmad Ibn Rushd、ラテン名:アウェロエス Averroes、1126年 - 1198年)は、スペインのコルドバ生まれの哲学者。
アラブ-イスラム世界のアリストテレスの注釈者として有名。また、医学百科事典を著した。
彼の著作は、中世ヨーロッパのキリスト教のスコラ学 スコラ学者によって、ラテン語に翻訳され、ラテン・アヴェロエス派を形成した。
ラテン・アヴェロエス派
イブン=スィーナー
イスラムの哲学者 いふんるしゆと
12世紀の学者 いふんるしゆと
ar:ابن رشد
bg:Авероес

イブン=ルシュドの詳細

イブン=ルシュド人気商品

イスラム文化と西欧―イブン・ルシド(アヴェロエス)研究 イスラム文化と西欧―イブン・ルシド(アヴェロエス)研究
価格:在庫切れ
オススメ度:
発売日:

イブン=ルシュドの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵