ガザーリーとは?

アブー・ハーミド・ムハンマド・イブン・ムハンマド・アル=ガザーリー(Abū Hāmid Muhammad ibn Muhammad al-Ghazālī, 1058年 - 1111年)はイスラームの思想家、神秘主義者(スーフィー)。ガッザーリー(Ghazzali)と表記する場合もある。
彼は1058年にホラーサーンのトゥースに生まれた。学者として名声を得ていた同名の叔父がおり、スーフィーとして大成した弟アフマド・ガザーリーがいる。父は羊毛紡ぎの商家を営んでいたが、ガザーリーの幼少時に没したらしい。息子たちに学問への道を志す事を願って資産を残し、ガザーリーは郷里のトゥースで初等教育を受け、シャリーア学を学んだ。その後ゴルガーンでさらに研鑽を積み、1077年にニーシャープールのニザーミーヤ学院に赴き、当代随一の大学者と呼ばれたイマーム=ハラマインという人物のもとでシャーフィイー派イスラム法学 法学およびアシュアリー派神学を学ぶ。師のもとで代講したり自らの著書の執筆をするなどして次第に学者として頭角を現すようになった。1085年に師であるイマーム=ハラマインが死去すると、ニーシャープールを去ってセルジューク朝の首都であったイスファハーンの宮廷に出仕するようになり、ここで宰相ニザーム・アルムルクに認められ、1091年にバグダードのニザーミーヤ学院の教授職を得た。しかし1092年にパトロンであったニザームルムルクが暗殺され、ほどなくスルタン・マリク・シャーも変死すると宮廷では後継者争いが表面化しイスマーイール派のテロ活動が活発化するなど、世情は著しく不安定になった。彼自身も次第に理性と信仰の間に生じた矛盾に悩み、1095年に教授職を捨て、スーフィーとなって修行生活に入った。

ガザーリーの詳細

ガザーリー人気商品

世界のスピリチュアル50の名著 エッセンスを知る

世界のスピリチュアル50の名著 エッセンスを知る

価格:¥ 2,310
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ガザーリーの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵