ウンベルト・エーコとは?

ウンベルト・エーコ(Umberto Eco、1932年1月5日 - )はイタリアの哲学者、小説家、ボローニャ大学教授である。アレッサンドリア生まれ。
哲学者としては、記号論の分野で世界的に有名である。トマス・アクィナスの美論についての論文で学位を取得。ラジオ放送局でドキュメンタリー番組のプロデューサーとして勤務した後、大学へ戻り哲学論文ならびに文学作品の精力的な発表を続けている。
現実の事件に啓示を受け、小説の執筆を開始。1980年に『薔薇の名前』として発表した。
1981年、同作でストレーガ賞を受賞。
『薔薇の名前(上・下)』(東京創元社, 1990年)
『フーコーの振り子 (小説) フーコーの振り子(上・下)』(株式会社文藝春秋 文藝春秋, 1993年)

ウンベルト・エーコの詳細

ウンベルト・エーコの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵