ベネデット・クローチェとは?

ベネデット・クローチェ(Benedetto Croce、1866年2月25日-1952年11月20日)はイタリアの哲学者・歴史学者。ヘーゲル哲学と生の哲学を結びつけ、イタリア精神界に大きな影響を与えた。政治的には反ファシストの立場を貫いた。主著は『歴史叙述の理論と歴史Teoria e storia della storiografia,1919年』。
Materialismo storico ed economia marxista, 1900年
L”Estetica come scienza dell”espressione e linguistica generale, 1902年
Logica come scienza del concetto puro, 1909年
Brevario di estetica, 1912年
Saggio sul Hegel, 1912年
「実践の哲学 Filosofia della Pratica」1922年
Racconto degli racconti,1925年
Manifesto of Anti-Fascist Intellectuals,1925年5月1日("La Critica"誌の中で)
Ultimi saggi, 1935年

ベネデット・クローチェの詳細

ベネデット・クローチェ人気商品

思考としての歴史と行動としての歴史

思考としての歴史と行動としての歴史

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

世界言語学名著選集〈第1巻〉美学

世界言語学名著選集〈第1巻〉美学

価格:¥ 15,750
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


ベネデット・クローチェの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵