マッシモ・カッチャーリとは?

マッシモ・カッチャーリ(Massimo Cacciari, 1944年 - )は、イタリアの政治家、哲学者、美学者。
ヴェネツィアに生まれる。パドヴァ大学にて、カント『判断力批判』についての論文で哲学の学位を得たほか、セルジョ・ベッティーニに美学と美術史を、カルロ・ディアーノにギリシア哲学を学ぶ。ヴェネツィア建築大学教授(美学)等を経て、現在はサン・ラッファエーレ生命健康大学教授(美学)。政治家としては、下院議員(1976年-1983年)、ヴェネツィア市長(1993年-2000年、2005年-)をつとめる。
カッチャーリは、ヴァルター・ベンヤミン ベンヤミン、マルティン・ハイデガー ハイデガー、そしてフリードリヒ・ニーチェ ニーチェの影響下で思想を形成。初期はアントニオ・ネグリに影響を受けたマルクス主義者だったが、1970年代にネグリと決裂し、現在はネグリの生政治論に対する批判の急先鋒に立つ。カッチャーリが1970年代から1980年代にかけて提起した「否定の思考」は、同時期に台頭してきたジャンニ・ヴァッティモの「弱い思考」の対抗勢力として、当時のイタリア思想界を二分するほどの影響力を持った。その後「共同体」や「他者」といった問題系についての思索を深めていき、現在もなおイタリア思想界に大きな影響を与え続けている。

マッシモ・カッチャーリの詳細

マッシモ・カッチャーリ人気商品

必要なる天使 必要なる天使
価格:¥ 2,940
オススメ度:
発売日:通常4~5日以内に発送

マッシモ・カッチャーリの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵