シャンカラとは?

初代シャンカラ(Adi Shankara)は、マラヤーラム語 マラヤーリ人の8世紀に活躍した中世インドの思想家。梵我一如思想、不二一元論を提唱した
「神の御足の教師」として知られた彼は、アドヴァイタ・ヴェーダーンタ哲学の教義を強化する最初の哲学者であった。彼の教えは原因を必要とせず存立するところのブラフマン(梵)と、アートマン(我)は同一であるという主張に基づく。スマートラの伝統において、インド神話ではシャンカラはシヴァ シヴァ神の異名である。
シャンカラは、講話と他の哲学者との議論を通して自身の教えを伝達するため、インドを旅行した。彼は、ポスト仏教としてのヒンドゥー教とアドヴァイタ・ヴェーダーンタ哲学の布教の歴史の発展において、重要な役割を担う4つの僧院を設立した。

シャンカラの詳細

シャンカラ人気商品

ヴィーナの巨匠~E.S.シャーストリの芸術

ヴィーナの巨匠~E.S.シャーストリの芸術

価格:在庫切れ
オススメ度:

シャンカラ (Century Books―人と思想)

シャンカラ (Century Books―人と思想)

価格:在庫切れ
オススメ度:


シャンカラの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵