エピクロスとは?

エピクロス(紀元前341年 - 紀元前270年)は、快楽主義などで知られる古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者。
エピクロス派の始祖である。
現実の煩わしさから解放された状態を「快」として、人生をその追求のみに費やすことを主張した。後世、エピキュリアン=快楽主義者という意味に転化してしまうが、エピクロス自身は肉体的な快楽とは異なる精神的快楽を重視しており、肉体的快楽をむしろ「苦」と考えた。
エピクロスはアテナイの植民地であったサモス島に、紀元前341年に生まれた。エピクロスの両親は、アテナイ人入植者であり、父は教師であったが、家族の生活は貧しかった。
当時アテナイ人の青年には2年間の兵役義務があり、紀元前323年エピクロスも18歳の時、アテナイへ上京した。この時アカデメイアでクセノクラテスの、またリュケイオンでテオプラストスの講義を聞いたと言われる。

エピクロスの詳細

エピクロス人気商品

物の本質について (岩波文庫 青 605-1)

物の本質について (岩波文庫 青 605-1)

価格:在庫切れ
オススメ度:

マルクス・コレクションI (マルクス・コレクション)

マルクス・コレクションI (マルクス・コレクション)

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常24時間以内に発送

エピクロス―教説と手紙

エピクロス―教説と手紙

価格:在庫切れ
オススメ度:


エピクロスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵