ウァレンティヌスとは?

ウァレンティヌス(Valentinus, ? - 269年2月14日?)、あるいはヴァレンタイン (Valentine) は、3世紀頃のキリスト教の聖職者。正教会・カトリック教会・聖公会・一部ルーテル教会で聖人とされている。
カトリック教会においては1969年までは2月14日を聖ウァレンティヌスの殉教の日としていたが、第2バチカン公会議後1969年の典礼改革で、史実上の実在が明らかでない聖人たちは整理され、現在カトリック教会 カトリックの聖人暦に彼の日(St.Valentine”s Day)はない(但し、崇敬されなくなった訳では無い)。
西ヨーロッパ:西方教会においてはこの聖人への崇敬が基になってバレンタインデーの習慣が定着したが、東方教会には恋人とウァレンティヌスを結びつける習慣は生まれなかった。記念日・記憶日なども正教会とカトリック教会とでは異なっている。

ウァレンティヌスの詳細

ウァレンティヌスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵