アベラールとは?

『ピエール・アベラール』より : ピエール・アベラール(Pierre Abélard 、1079年 - 1142年4月21日)は中世フランスの論理学者・キリスト教神学者。「唯名論」学派の創始者として知られ、後にトマス・アクィナスらによって集成されるスコラ学の基礎を築いたとされる。弟子のエロイーズとのロマンスでも有名。ラテン語式のペトルス・アベラルドゥスという名前でも知られる。
アベラールはナントに近いパレ(Pallet)で生まれ、音声言語論者ロスケリヌス(Roscelinus 1050?-1123?)と実在論者のギヨーム・ド・シャンポー(Guillaume de Champeaux 1070?-1121)に師事、パリのノートルダム大聖堂付属学校で神学と哲学の教師となって非常な名声を博した。

アベラールの詳細

アベラール人気商品

アベラールとエロイーズ

アベラールとエロイーズ

価格:在庫切れ
オススメ度:

アベラールとエロィーズ―愛と修道の手紙

アベラールとエロィーズ―愛と修道の手紙

価格:在庫切れ
オススメ度:

エロイーズとアベラール―三つの愛の物語

エロイーズとアベラール―三つの愛の物語

価格:¥ 2,205
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


アベラールの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵