アルベルトゥス・マグヌスとは?

アルベルトゥス・マグヌス(Albertus Magnus)(1193年頃-1280年11月15日、ケルン)は大聖アルベルトとも呼ばれる13世紀のドイツのキリスト教神学者である。またアリストテレスの著作を自らの体験で検証し注釈書を多数著す。錬金術を実践し検証したこともその一端である。
カトリック教会の聖人で、普遍博士(doctor universalis)と称せられる。トマス・アクィナスの師としても有名である。ピウス10世 (ローマ教皇) ピウス10世によって教会博士の称号を与えられている。
ドイツのシュヴァーベン地方に貴族の子弟として生まれたアルベルトゥスは、イタリアのパドヴァ大学で哲学、自然科学、医学を学び、30歳のときにヨルダヌスにつきドミニコ会会員となりボローニャで神学を学んだ。パリ大学やケルンのドミニコ会の学校など各地で神学と哲学の教鞭をとった他、教会行政にも手腕を発揮した。1254年にドミニコ会のドイツ(テウトニカ)管区長に就任し、また1259年にヴァレンシアの院長会議でトマス他とドミニコ会学校の修学規則を作成したほか、1261年から数年の間、レーゲンスブルクの司教を務めた。晩年は主にケルンを中心とするドイツ各地で活動したが、1274年には第2リヨン公会議に出席した。またトマスの死後、1277年パリにおいてトマスに異端の嫌疑を掛けられたときは、老境にあったアルベルトゥスはケルンからパリまで徒歩で旅行して、その弟子を弁護した。

アルベルトゥス・マグヌスの詳細

アルベルトゥス・マグヌス人気商品

神の慰めの書

神の慰めの書

価格:¥ 1,155
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

エックハルト説教集 (岩波文庫)

エックハルト説教集 (岩波文庫)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

キリストにならいて (岩波文庫)

キリストにならいて (岩波文庫)

価格:¥ 693
オススメ度:
通常24時間以内に発送


アルベルトゥス・マグヌスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵