アンセルムスとは?

カンタベリーのアンセルムス(Anselmus Cantuariensis; 1033年 -1109年4月21日)は中世 中世ヨーロッパの神学者、かつ哲学者であり、1093年から亡くなるまでカンタベリー大主教 カンタベリー大司教の座にあった。聖人。アンセルムスは初めて理性的、学術的に神を把握しようと努めた人であり、それゆえ一般的に、彼を始めとして興隆する中世の学術形態スコラ学の父と呼ばれる。神の存在証明 神の本体論的(存在論的)存在証明でも有名。
アンセルムスはブルゴーニュ地域圏 ブルグンド王国の都市アオスタで誕生した。アオスタは、今日のフランスとスイス両国の国境と接する、イタリアのヴァッレ・ダオスタ州に位置する。彼の父ガンドルフォはランゴバルド人 ランゴバルドの貴族であり、また彼の母エルメンベルガもブルグンドの貴族の出自であり、大地主であった。

アンセルムスの詳細

アンセルムス人気商品

エックハルト説教集 (岩波文庫)

エックハルト説教集 (岩波文庫)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

神の慰めの書

神の慰めの書

価格:¥ 1,155
オススメ度:
通常24時間以内に発送

トマス・アクィナス (講談社学術文庫)

トマス・アクィナス (講談社学術文庫)

価格:¥ 1,628
オススメ度:
通常24時間以内に発送


アンセルムスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵