ウィリアム・オッカムとは?

『オッカムのウィリアム』より : オッカムのウィリアム(William of Ockham, 1285年 - 1349年)は、フランシスコ会会士、後期スコラ学を代表する神学者・哲学者。イングランドのオッカム村出身。しばしばオッカムとのみ言及される。なお没年には1349年にペストで死亡とされていたが1347年説が有力である。
オックスフォード大学で学ぶ。フランシスコ会の会則の解釈をめぐり、いわゆる清貧派の立場をとる。普遍論争では唯名論の立場に立つ。ローマ教皇・ヨハネス22世_(ローマ教皇) ヨハネス22世と対立、異端審問のため当時アヴィニョン(フランス)にあった教皇庁へ召還される。このときマイスター・エックハルトも異端の容疑で告発され、オッカムはエックハルトと会ったことを書き残している。

ウィリアム・オッカムの詳細

ウィリアム・オッカム人気商品

オッカム『大論理学』註解〈1〉第1部第1章~第43章 オッカム『大論理学』註解〈1〉第1部第1章~第43章
価格:¥ 7,350
オススメ度:
発売日:通常3~5週間以内に発送

ウィリアム・オッカムの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵