ロジャー・ベーコンとは?

ロジャー・ベーコン(Roger Bacon、1214年 - 1294年)は、「驚嘆的博士」(Doctor Mirabilis)とよばれた13世紀の哲学者。イギリス出身のカトリック司祭で、当時としては珍しく理論だけでなく経験知や実験観察を重視したので近代科学の先駆者といわれる。後世の評価においてベーコンの示した論理よりも、彼のオカルト研究やイスラム由来の錬金術の研究のみが強調されてきたきらいがある。
イギリスのイルチェスターに近いソマーセット生まれ。生家はもともと裕福だったが、ヘンリー3世 (イングランド王) ヘンリー3世時代の政争に巻き込まれて資産を没収され、家族は追放の憂き目にあった。
ベーコンはオックスフォード大学で学び、アリストテレスの著作について講義するようになった。やがて、フランシスコ会に入会し、オックスフォード大学の教授となった。1233年ごろ、当時のヨーロッパの最高学府であったパリ大学へ赴いて学んだ。当時、フランシスコ会とドミニコ会は新進修道会であったが、学問の世界で華々しい活躍を見せて注目されていた。フランシスコ会の雄はヘイルズのアレクサンデルであり、一方のドミニコ会はアルベルトゥス・マグヌス、トマス・アクィナスという師弟コンビがその名を馳せていた。このような華やかな学問の世界においてベーコンの優秀さは注目され、マリスコのアダムやリンカーンの司教だったロバート・グロステストといった当代の有名学者たちと親交を深めた。ベーコンの授業では、実験や観察をおこなうことに特徴があった。

ロジャー・ベーコンの詳細

ロジャー・ベーコン人気商品

バルト【日本語吹替版】

バルト【日本語吹替版】

価格:在庫切れ
オススメ度:

バルト【字幕版】

バルト【字幕版】

価格:在庫切れ
オススメ度:

バルト【二ヵ国語版】

バルト【二ヵ国語版】

価格:在庫切れ
オススメ度:


ロジャー・ベーコンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵