マルクス・アウレリウス・アントニヌスとは?

マルクス・アウレリウス・アントニヌス(Marcus Aurelius Antoninus, 121年4月26日 - 180年3月17日)はローマ帝国のローマ皇帝 皇帝で、五賢帝の一人。アントニヌス・ピウスの養子で、中国の史書『後漢書』の「安敦」の記述はアウレリウス帝を指すと云われている。
アントニヌス・ピウスの娘と結婚し、ハドリアヌス帝がピウスを養子にした際にマルクスもピウスの養子となる。ルキウス・ウェルスとの共同統治の後に単独皇帝となる。ゲルマン人などの蛮族の侵入(マルコマンニ戦争)やシリア属州におけるパルティアの攻撃など数々の難問に対処し、自身も遠征先の陣中で没。それまでの五賢帝の慣習を破り実子のコンモドゥスを後継者とし、五賢帝時代は終わった(とはいえ五賢帝の他の皇帝が実子を後継者としなかったのは、単に「法律婚に基づく」実子がなかっただけにすぎない、との説もある)。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの詳細

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵