ホセ・オルテガ・イ・ガセトとは?

ホセ・オルテガ・イ・ガセト(José Ortega y Gasset, 1883年5月9日 - 1955年10月18日)は、スペインの哲学者。
マドリード生まれ。1898年からマドリード大学で学び、1904年に哲学の博士号を得る。1905年から1907年までドイツへ留学し、ライプツィヒ、ベルリン、マールブルクでカント哲学を研究。特にマールブルク大学では、新カント派のヘルマン・コーエンや、パウル・ナトルプから強い影響を受ける。1910年にスペインへ帰国後、マドリード大学で形而上学の教授に就任。
オルテガの思想は、「生の理性〔razón vital〕」をめぐって形成されている。「生の理性」とは、個々人の限られた「生」を媒介し統合して、より普遍的なものへと高めていくような理性のことである。

ホセ・オルテガ・イ・ガセトの詳細

ホセ・オルテガ・イ・ガセトの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵