ミゲル・デ・ウナムーノとは?

ミゲル・デ・ウナムーノ・イ・フーゴ(Miguel de Unamuno y Jugo,1864年9月29日-1936年12月31日)は、スペインを代表する哲学者、文学者、詩人、劇作家。いわゆる「98年の世代」にあたり、真のスペインの思想・国家・人民のあり方について模索し続け、スペイン思想界に大きな影響を残した。思想面では哲学と詩の両面から生と死、あるいは自己の問題などに取り組み、実存主義的な思想家としてしられる。特にデンマークのセーレン・キェルケゴール キルケゴールにも強く影響されていたことでも知られ、「南欧のキルケゴール」という呼称もある。
スペイン・ビルバオの生まれ。厳格なカトリック教徒の家庭で育つ。1880年にマドリード大学へ入学。文学・哲学・言語学を学ぶ。1883年に博士号を取得。この頃はイギリスのハーバート・スペンサーの合理主義的な思想に深い関心を示していた。大学教授の座を目指すも彼の考えと大学との溝が埋まらず、しばらく個人教授として生計を立てることになった。この頃に社会主義に深く傾倒する。1891年にコンセプシオン・リサラガと結婚。同年にサラマンカ大学でギリシア語の教授につく。1895年に『生粋主義について』を発表。これは、スペインの歴史を振り返り、真のスペイン思想やスペイン国家とは何かを説いた著作で大きな反響を呼ぶ。この頃にアンペル・ガニベットを知り、真のスペイン思想の追求という点で意気投合する。

ミゲル・デ・ウナムーノの詳細

ミゲル・デ・ウナムーノ人気商品

ドンキ・ホーテとサンチョの生涯 ウナムーノ著作集 (2)

ドンキ・ホーテとサンチョの生涯 ウナムーノ著作集 (2)

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

ドン・キホーテの死生観―スペインの思想家ミゲル・デ・ウ…

ドン・キホーテの死生観―スペインの思想家ミゲル・デ・ウ…

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

キリスト教の苦悶 (叢書・ウニベルシタス (21))

キリスト教の苦悶 (叢書・ウニベルシタス (21))

価格:¥ 2,100
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


ミゲル・デ・ウナムーノの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵