アンティステネスとは?

アンティステネス(Antisthenes、紀元前444年 - 紀元前365年)は、アテネに生まれ、トラキア人の母を持つ、哲学におけるキュニコス派の祖として知られる哲学者である。弟子にディオゲネス (犬儒学派) ディオゲネスがいる。
彼は若い頃、ゴルギアスの下で修辞学を学び、またおそらくはヒッピアス (ソフィスト) ヒッピアスとプロディクスの下でも学んだ。元々は恵まれた環境に育ったが、後に貧困に苦しんだと言われている。ただしこれは、彼がソクラテスの影響を受けるようになり、献身的な市民になった、ということであるとも言えるかもしれない。
彼はソクラテスの言葉を聴きたい一心で、ピレウスからアテネへと毎日徒歩で通っており、また自身の友人たちにも共に来るように薦めていたといわれる。ソクラテスの言う善のイデアに対する熱意から、:en:Cynosarges Cynosargesに自分の学派を設立した。彼の生き方の質素さや教え方から、彼のもとには多くの貧しい人々が集うようになった。彼は、世界を高貴であったり壮麗であったりするものではないと考え、袖なしの外套のみを纏い、哲学の象徴として杖一本とずだ袋一つだけを所持していた。彼の追随者はみなこの装いを真似るようになったが、あまりにもこれ見よがしであったため、ソクラテスは彼を次のように非難した。「おおアンティステネスよ、私には外套の隙間から君の自惚れが見える」。

アンティステネスの詳細

アンティステネスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵