オスヴァルト・シュペングラーとは?

オスヴァルト・シュペングラー(Oswald Arnold Gottfried Spengler,1880年3月29日-1936年5月8日)はドイツの文化哲学者、歴史学者。
主著である『西洋の没落』(”Der Untergang des Abendlandes”)は、当時のヨーロッパ中心史観・文明観を痛烈に批判した有名な著作で、その影響は哲学・歴史学・文化学、芸術など多方面に及んだ。
ブランケンブルクの生まれ。父親は鉱山技師であり、中流家庭の出身であった。保守的な考えの家庭で育ち、シュペングラーの思想にも影響を与えた。幼少期にハレに移住し、ハレ大学・ミュンヘン大学・ベルリン大学の各大学に学び、哲学・歴史学・美術・音楽・数学などを学び、1904年に「ヘラクレイトス-彼の哲学のエネルギー論の根本思想に関する研究」(”Heraklit, Eine Studie über den energetischen Grundgedanken seiner Philosophie”)で学位取得。

オスヴァルト・シュペングラーの詳細

オスヴァルト・シュペングラー人気商品

西洋の没落

西洋の没落

価格:在庫切れ
オススメ度:

形態と現実と

形態と現実と

価格:在庫切れ
オススメ度:

世界史的展望

世界史的展望

価格:在庫切れ
オススメ度:


オスヴァルト・シュペングラーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵