カール・シュミットとは?

カール・シュミット(Carl Schmitt, 1888年7月11日 - 1985年4月7日)は、ドイツの法学者・政治学者。
1888年、ドイツ・ヴェストファーレン地方のプレッテンベルクで生まれた。ベルリン大学、ミュンヘン大学などで学び、1916年、”Der Wert des Staates und die Bedeutung des Einzelnen”(『国家の価値と個人の意義』)で教授資格取得。ボン大学、ベルリン商科大学、ケルン大学で教授を歴任した後、ナチス政権が成立した1933年から45年まで、ベルリン大学教授。
独自の法学思想(後述)に依拠して、第一次世界大戦 第一次大戦後のワイマール政権下、議会制民主主義を批判した。ハンス・ケルゼンとも論争を繰り広げた。これらは国家社会主義ドイツ労働者党 ナチスの法学理論を支えることとなり、実際に、一時期ナチスに協力した。第二次世界大戦 第二次大戦後に逮捕されニュルンベルク裁判で尋問を受けたが、不起訴となる。その後、故郷に隠棲し、著述活動をつづけた。

カール・シュミットの詳細

カール・シュミットの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵