ゴットホールト・エフライム・レッシングとは?

『ゴットホルト・エフライム・レッシング』より : ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing, 1729年1月22日 - 1781年 1月15日) は、ドイツの詩人、劇作家、思想家、批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり、フランス古典主義からの解放を目指し、ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。その活動は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ゲーテやフリードリヒ・フォン・シラー シラー、イマヌエル・カント カント、フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ ヤコービ、ヨハン・ゲオルク・ハーマン ハーマン、ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー ヘルダー、モーゼス・メンデルスゾーン メンデルスゾーンなど当時のドイツ文学・思想に多大な影響を及ぼした。また彼の死後、文学・哲学界でいわゆる「スピノザ論争」がおきた。

ゴットホールト・エフライム・レッシングの詳細

ゴットホールト・エフライム・レッシングの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵