フリードリヒ・フォン・シラーとは?

フリードリヒ・フォン・シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller, 1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史家 歴史学者、劇作家、思想家。古くは、”シルレル”とも表記されていた。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ゲーテと並ぶ、ドイツ古典主義の代表者。理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。
シラーのおもな劇作品としては、『群盗』、『フィエスコの反乱』、『ドン・カルロ ドン・カルロス』、『ヴァレンシュタイン三部作』、『マリア・シュトゥーアルト』、『オルレアンの乙女』、『メッシーナの花嫁』『ウィリアム・テル ヴィルヘルム・テル』『デメートリウス』(未完)など。歴史論文には『オランダ独立史』『三十年戦争史』がある。

フリードリヒ・フォン・シラーの詳細

フリードリヒ・フォン・シラー人気商品

オルレアンの少女 (岩波文庫)

オルレアンの少女 (岩波文庫)

価格:在庫切れ
オススメ度:

シラーの美的教養思想―その形成と展開の軌跡

シラーの美的教養思想―その形成と展開の軌跡

価格:¥ 8,925
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

フリードリヒ・シラー

フリードリヒ・シラー

価格:在庫切れ
オススメ度:


フリードリヒ・フォン・シラーの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵