モーゼス・メンデルスゾーンとは?

モーゼス・メンデルスゾーン(Moses Mendelssohn, 1729年, 9月6日 - 1786年, 1月4日)は、ドイツのユダヤ人の哲学者・啓蒙思想家。
ロマン派音楽 ロマン派の作曲家、フェリックス・メンデルスゾーン フェリクス・メンデルスゾーンの祖父にあたる。 感覚と信仰の上にたつ哲学を説き、当時の哲学者イマヌエル・カント カントの批判哲学を論難した人物の一人でもある。晩年は、友人のゴットホールト・エフライム・レッシング レッシングがスピノザ主義者か否かで、哲学者フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ ヤコービら当時の知識人と論争(いわゆる汎神論論争)をおこした。いわゆる「理性の時代」と呼ばれた18世紀の集大成的な思想家といえる。

モーゼス・メンデルスゾーンの詳細

モーゼス・メンデルスゾーンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵