ヨハン・クリストフ・ゴットシェットとは?

『ヨハン・クリストフ・ゴットシェート』より : ケーニヒスベルクに牧師の子として生まれ、ザクセンに移住し1734年以来ライプツィヒ大学で詩学・哲学の教授として、フランスの合理主義思想を鼓吹した。哲学ではライプニッツ・ヴォルフの系譜をひく。当時のバロック風の歪曲・誇張された傾向に対してドイツの演劇・文学・言語の革新を志した。ゴットシェートは「文学の革新は全ドイツの共同の栄誉を目標とすべきである」と考えていたが、当時のドイツ文学は取るに足らぬ伝統しかないために、フランスのコルネイユとラシーヌや詩学ではボアロー・デプレオーを〈良き趣味〉の手本として推奨した。劇場が正統派ルター派にとっては悪魔の説教壇であった時代で、演劇に関心を持ち、俳優の地位と演目内容の向上、さらに近代標準語の純化と普及に功績があった。

ヨハン・クリストフ・ゴットシェットの詳細

ヨハン・クリストフ・ゴットシェットの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵