イマヌエル・カントとは?

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者のひとりである。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」を齎す。ドイツ観念論 哲学の祖でもある。
イマヌエル・カントは、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)で、皮革工親方の三男として生まれた。生涯のほとんどをその地で過ごし没した。両親はルーテル教会 ルター派の敬虔主義を奉じていたため、カントはその濃厚な影響のもとに育った。1732年、ラテン語学校であるフリードリヒ校にすすんだ。1740年には、ケーニヒスベルク大学に入学する。当初、神学を志したが、ニュートンの活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授クヌッツェンの影響のもとゴットフリート・ライプニッツ ライプニッツやアイザック・ニュートン ニュートンの自然学を研究した。

イマヌエル・カントの詳細

イマヌエル・カント人気商品

カント入門 (ちくま新書)

カント入門 (ちくま新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文…

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文…

価格:¥ 680
オススメ度:
通常24時間以内に発送

悪について (岩波新書)

悪について (岩波新書)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送


イマヌエル・カントの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵