ザーロモン・マイモンとは?

ザーロモン・マイモン、シュロイメ・ベン・ヨシュア・マイモン(Salomon Maimon, Solomon ben Joshua Maimon, 1753年 - 1800年11月22日 シレジア・ニーダージーガースドルフ)はリトアニア出身のドイツの哲学者。カント批判を行ったことでもっとも知られている。
リトアニア・ニェシュフィシュ Nieszwicz に本姓ヘイマン Cheiman として生まれ、ミール (ベラルーシ) ミールで育つ。
"Versuch über die Transcendentale Philosophie" (Berlin, 1790)
"Streifereien im Gebiete der Philosophie" (ib. 1793)
Philosophisches Wörterbuch, 1791
Autobiographie, 1792
"Ueber die Progresse der Philosophie" (ib. 1793)
"Versuch einer Neuen Logik / oder Theorie des Denkens" (ib. 1794)
"Die Kategorien des Aristoteles" (ib. 1794)

ザーロモン・マイモンの詳細

ザーロモン・マイモンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵