ニコラウス・クザーヌスとは?

ニコラウス・クザーヌス (”Nicolaus Cusanus”、1401年-1464年11月8日)は、ドイツの哲学者・数学者・枢機卿。
ドイツのモーゼル河畔のクースに生まれる。
ハイデルベルク大学で学び、パドヴァ大学で教会法の博士号を取得。さらにケルン大学で偽ディオニシウス・アレオパギタらの思想に触れる。その後1430年司祭に叙階され、バーゼル公会議(フィレンツェ公会議)では指導的な立場で活躍、高名を得る。東西教会の和解のためにも奔走し、教皇使節としてコンスタンティノープルを訪問。1448年に枢機卿、1450年ブリクセン大司教。1464年トーディにて死去。彼の生涯は教会政治家としての実践と、思想家としての理論が融合した類い希なものであった。

ニコラウス・クザーヌスの詳細

ニコラウス・クザーヌスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵