ヤーコプ・ベーメとは?

ヤーコプ・ベーメ(Jakob Böhme、1575年 - 1624年11月17日)はドイツの神秘主義者である。ドイツ語で主に著述した最初の思想家でもあり、信奉者から付けられた「フィロソフス・テウトニクス」(ドイツの哲人)という異名でも知られる。ルター派教義を背景とし、パラケルススら新プラトン主義に影響を受けた独特の自然把握と「神の自己産出」という哲学史上稀な概念の展開は、敬虔主義やドイツ観念論といった近世のドイツ思想だけでなく、近代の神秘学にも影響を与えている。
主著は『アウローラ』、『シグナトゥーラ・レールム』、『大いなる神秘』。
1575年、北ドイツ・オーバーラウジッツのナイセ川流域の都市ゲルリッツの近郊、アルト・ザイデンベルク Alt Seidenberg に生まれる。ここは現在、ポーランド領スリクフ :de:Sulików Sulików の一部になっている(ザイデンベルク自体もポーランド領になっており、ポーランド語名はザヴィドゥフ :de:Zawidów Zawidów)。

ヤーコプ・ベーメの詳細

ヤーコプ・ベーメ人気商品

無底と根底―ベーメ神秘主義主要著作集

無底と根底―ベーメ神秘主義主要著作集

価格:在庫切れ
オススメ度:

ベーメ小論集 (ドイツ神秘主義叢書)

ベーメ小論集 (ドイツ神秘主義叢書)

価格:¥ 5,565
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


ヤーコプ・ベーメの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵