アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルとは?

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル(August Wilhelm von Schlegel, 1767年9月8日 - 1845年5月12日)は、ドイツの文学者・翻訳家・文献学者・評論家。多言語に通じており、各国語の文学作品の翻訳を行う。(特にシェイクスピアの翻訳は、有名)またインド思想を研究し、ヨーロッパへの東洋思想の移入に功績があった。弟のフリードリヒ・シュレーゲルはロマン主義の文学の中心的人物としてで知られ、2人でシュレーゲル兄弟と呼ばれる。
ハノヴァーの生まれ。ルター派の牧師の子として生まれた。ゲッティンゲン大学で学ぶ。弟のフリードリヒ・シュレーゲルと共に、ロマン主義の哲学者として知られ雑誌「アテネーウム」の編集長を務めた。大学卒業後、アムステルダムの銀行家の息子の家庭教師として生活していたが、活動の場を求めてイェナへ。当地は、フリードリヒ・フォン・シラー シラーやフィヒテなど当時のドイツ精神を代表する人物が教鞭を取っていたところであった。シュレーゲルは、1796年にカロリーネ・シェリング カロリーネと結婚。1798年にはイェナ大学員外教授に就任。ルートヴィヒ・ティークの娘、ドローテアとヴォルフ・ハインリヒ・グラーフ・フォン・バウディシンらの監督の下、シェイクスピアの翻訳にあたる。この翻訳は、とても詩的な翻訳であった。シラーが主宰していた文芸雑誌「ムーゼンアルマナハ」に寄稿したり、弟と「アテネーウム」を主宰したり、詩集を刊行したりと多彩な文芸活動を展開。ドイツロマン主義の始祖として活躍した。また、ドイツのシェイクスピアと呼ばれたドイツの劇作家・アウグスト・コッツェブとの論争があった。

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルの詳細

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵