イマヌエル・ヘルマン・フィヒテとは?

イマヌエル・ヘルマン・フィヒテ(Immanuel Hermann Fichte, 1797年(1796年の生まれという説も多い)7月18日 - 1879年8月8日)はドイツの神学者、哲学者。ドイツ観念論を代表する哲学者・ヨハン・ゴットリープ・フィヒテの息子である。日本では、通称:小フィヒテとも呼ばれている。
フィヒテは、ベルリン大学で学んだ。しかし、扇動者としての嫌疑が掛けられて、苦境に陥っていた。
ようやく、1836年にボン大学の正教授の座を獲得する。1842年からは、チュービンゲン大学の哲学の椅子に移った。1863年に定年退職するまで、その座にいた。
フィヒテは、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトとライプニッツから影響を受けていた。

イマヌエル・ヘルマン・フィヒテの詳細

イマヌエル・ヘルマン・フィヒテの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵