フリードリヒ・シュレーゲルとは?

フリードリヒ・シュレーゲル(Karl Wilhelm Friedrich von Schlegel, 1772年3月10日-1829年1月11日)はドイツ初期ロマン派の思想家。文学、哲学、歴史、政治、宗教を包括する彼の思想の領域は広大であり、特にカトリックへの改宗はその思想内容に大きな謎を与えている。文学者・哲学者・文献学者として知られるアウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルの弟。2人でシュレーゲル兄弟として知られる。妻のドロテーア・シュレーゲルは、啓蒙思想の哲学者・モーゼス・メンデルスゾーンの娘である。また、兄同様にサンスクリットにも通じており、東洋思想にも理解を示していた。
ハノーファーの生まれ。ルター派の牧師の子として生まれる。小さい頃から、シェイクスピア学者である伯父ヨハン・エリアス・シュレーゲルや兄の影響を受けながら育った。ゲッティンゲン大学とライプチヒ大学で法学の学生として在籍していたが、彼自身は古代文学および美学の研究に専念していた。1797年には、「ギリシア人とローマ人」を刊行。1798年には「ギリシア人とローマ人における詩の歴史」刊行。1800年から翌年にかけてイェナ大学私講師として講義「超越論的哲学」を行った。また、当地でロマン主義文学の基本精神を綴った雑誌「アテネーウム」(1798-1800)にエッセイや箴言などを寄稿・主宰。同誌で理論的・実践的に展開されるイロニーの概念は彼の初期思想のキイワードとなる。イェナは初期ロマン派の牙城となり、文学界・哲学界の双方に影響を与えた。小説・ルツィンデ(1799年)をこの頃に執筆。これは自由や愛・芸術の問題などのロマン的な事柄に触れた重要な書であるが、告白的文体で書かれたそのスキャンダラスな内容は物議を醸し、彼の詩人としての評価を下げることになる。

フリードリヒ・シュレーゲルの詳細

フリードリヒ・シュレーゲル人気商品

ひめごと/シューベルト歌曲集

ひめごと/シューベルト歌曲集

価格:在庫切れ
オススメ度:

予感と憧憬の文学論―ドイツ・ロマン派フリードリヒ・シュ…

予感と憧憬の文学論―ドイツ・ロマン派フリードリヒ・シュ…

価格:¥ 3,975
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


フリードリヒ・シュレーゲルの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵