フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービとは?

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ(Friedrich Heinrich Jacobi 1743年1月25日 - 1819年3月19日)は、ドイツの哲学者、著作家。1743年に、デュッセルドルフの裕福な商人の次男として生まれた。1770年までは、商人として生計を立てていた。1771年にベルク公国の宮廷メンバーとして迎えられた。そこでは、財政への知識と社会改革への熱意からしだいに著名になっていった。
彼は、常に哲学と文学への関心を持ち続けていた。彼の兄で詩人のヨハン・ゲオルク・ヤコービを介して、ドイツの詩人ヴィーラントとともに文学雑誌を刊行し、名を轟かす。当時の学者層とも知り合いが多く、レッシング、ハーマン、ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー ヘルダー、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ゲーテなどとは親交が深かった。彼は、文才があることでもしられ、彼の美文に惹かれた者が多かった。1785年のスピノザ論争を契機に哲学の論壇に登場。1794年には、フランス革命軍がデュッセルドルフに来たため、デュッセルドルフを去る。その後は、ハンブルクなどに在住。1804年にはミュンヘン学士院に哲学教授として招聘される。1807年から1812年までは、バイエルン学士院の長を務めた。

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービの詳細

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵