ヨハン・ゲオルク・ハーマンとは?

ヨハン・ゲオルク・ハーマン(Johann Georg Hamann, 1730年8月27日-1788年6月21日)は、ドイツの哲学者・文学者。
ケーニヒスベルク出身(ドイツ本国からすればかなり北方である)であることと、その独特で難解な文体から、「北方の博士」(あるいは「北方の魔術師」, ”Magus in Norden”)の異名を持つ。
合理主義・啓蒙思想に反対し、人間の根元能力である感性・信仰の哲学を主張し、同時代で同郷の知友、哲学者イマヌエル・カント カントを批判、また影響をあたえた重要な人物である。同じ東プロイセン出身である文学者・ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー ヘルダーを見出しことでも有名である。

ヨハン・ゲオルク・ハーマンの詳細

ヨハン・ゲオルク・ハーマンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵