ヨハン・ゴットリープ・フィヒテとは?

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte, 1762年5月19日 - 1814年1月27日)は、ドイツの哲学者である。ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲル、フリードリヒ・シェリング シェリングと並ぶドイツ観念論を代表する思想家である。息子のイマヌエル・フィヒテ(通称:小フィヒテ)も哲学者である。
哲学史的に見れば、知識学 (Die Wissenschaftslehre) をその主眼としてイマヌエル・カント カントの批判哲学の継承者あるいは、カントの哲学からヘーゲル哲学への掛け橋を担った人物である。
ただ、一般的には通俗哲学の著作のほうが著名であることが多く、当時ナポレオン・ボナパルト ナポレオン1世に占領されていたベルリンで行った教育についてなどを扱った講演録『ドイツ国民に告ぐ』(Reden an die Deutsche Nation) の講演者としてのほうが有名であるかもしれない。

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテの詳細

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ人気商品

ベルリン大学哲学講義 (フィヒテ全集)

ベルリン大学哲学講義 (フィヒテ全集)

価格:¥ 9,450
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

自然法論

自然法論

価格:¥ 9,450
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

国民とは何か

国民とは何か

価格:在庫切れ
オススメ度:


ヨハン・ゴットリープ・フィヒテの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵