エルンスト・クリークとは?

エルンスト・クリーク(Ernst Krieck、1882年6月6日 - 1947年3月19日)は、ドイツの教育者で、著述家、大学教授。アルフレッド・ボイムラーと並んでナチス党の御用教育学者として知られる。
彼はフェーゲルスハイムの生まれ。実科学校を卒業後、彼はカールスルーエの教育養成所に進む。その後、国民学校の教師になり、当時の教育のあり方を機械的で、官僚的過ぎると批判。この時期、彼は独自に自身の教育観を築き上げていく。
1910年彼は最初の著述『人格と教育』(Personlichkeit und Kultur)を出版。1917年には『ドイツの国歌理想』(Die deutsche Staatsidee)、1920年には『科学の革命』(Revolution der Wissenschaft)、そして1922年に至ってクリークが自らの主著という『教育の哲学』(Philosophie der Erziehung)が出る。この本により、エルンスト・クリークは、ハイデルベルク大学で名誉博士号を取得した。

エルンスト・クリークの詳細

エルンスト・クリークの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵