ジョヴァンニ・ジェンティーレとは?

ジョヴァンニ・ジェンティーレ (Giovanni Gentile, 1875年5月30日カステルヴェトラーノ-1944年4月15日フィレンツェ)は、イタリアの哲学者、政治家。
1898年から1906年までピサ大学に学び、1903年にナポリ大学の講師となる。クローチェと協力して哲学雑誌《批評 Critica》を発刊した。1906年から14年にパレルモ大学、1914年から1917年にピサ大学、1917年から1944年にローマ大学の教授を歴任する。その間、1922年から24年にファシスト政府の文相として教育制度の改革を遂行。初等教育に宗教が導入・ラテン語教育が拡充される他、現在のイタリア教育法の主幹となる法律・複数の教育サイクル・学習への国家試験などが規定された。辞任後は上院議員、代表議会委員、イタリア大学連合会長となり、またジョバンニ・トレカーニ会会長として《イタリア百科事典 Eiciclopedia italiana》を編集。その1932年版ではファシズムを規定して、以下のように記述する。「ファシズムでは、国家が自らの原理や価値観でもって個々人の意思や思想を律し、型にはめるための権威であるだけでなく、積極的に個々人の意思や思想を広く説き伏せていく強制力をもった機構となる。…ファシストはすべての個人及びあらゆる集団を絶対的な存在である国家のもとに統合する」

ジョヴァンニ・ジェンティーレの詳細

ジョヴァンニ・ジェンティーレの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵