エーリッヒ・フロムとは?

『エーリヒ・フロム』より : エーリヒ・フロム(Erich Fromm, 1900年3月23日-1980年3月18日)は、ユダヤ系ドイツ人の社会心理学、精神分析、哲学の研究者。マルクス主義とフロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。新フロイト派、フロイト左派とされる。
1900年、ドイツのフランクフルトに生まれる。大学では社会学、心理学、哲学を学び、1922年にハイデルベルク大学でアルフレッド・ウェーバー(マックス・ヴェーバーの弟にあたる)、カール・ヤスパース、ハインリヒ・リッケルトの指導の下に学位を取得する。1926年にはフリーダ・ライヒマンと結婚する。
1931年にフランクフルト大学の精神分析研究所で講師になる。
ナチスが台頭し始めた1934年、フランクフルト学派の主要メンバーと共にアメリカ合衆国 アメリカへ移住する。イェール大学でまず教鞭をとり、その後ニューヨーク、ワシントンD.C. ワシントンと大学を渡り歩く。1962年~1974年までニューヨーク大学の精神分析学の教授を務めた。

エーリッヒ・フロムの詳細

エーリッヒ・フロム人気商品

Dr.House

Dr.House

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常1~2週間以内に発送

愛するということ

愛するということ

価格:¥ 1,325
オススメ度:
通常24時間以内に発送

自由からの逃走 新版

自由からの逃走 新版

価格:¥ 1,785
オススメ度:
通常24時間以内に発送

生きるということ

生きるということ

価格:¥ 1,427
オススメ度:
通常24時間以内に発送


エーリッヒ・フロムの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵