マックス・ホルクハイマーとは?

マックス・ホルクハイマー(Max Horkheimer, 1895年2月14日 - 1973年7月7日)は、ユダヤ系のドイツの哲学者であり社会学者である。フランクフルト大学の社会研究研究所の創設に参加(1930年)。第二次大戦の最中はアメリカ合衆国 アメリカに亡命。戦後またフランクフルト大学に戻り、同研究所の所長に復帰。テオドール・アドルノとの共著『啓蒙の弁証法』で知られる。その他の著書に、『道具的理性批判へ向けて』『批判的理論』などがある。ショーペンハウアーのペシミズムへの共感を持つ。
フランクフルト学派の代表。
『理性の腐蝕』(せりか書房、1970年)
『権威と家族』(イザラ書房、1970年)

マックス・ホルクハイマーの詳細

マックス・ホルクハイマー人気商品

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫 青 692-1)

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫 青 692-1)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

アドルノ/ホルクハイマーの問題圏(コンテクスト):同一…

アドルノ/ホルクハイマーの問題圏(コンテクスト):同一…

価格:¥ 3,675
オススメ度:
通常24時間以内に発送

権威主義的国家

権威主義的国家

価格:¥ 1,890
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


マックス・ホルクハイマーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵