ユルゲン・ハーバーマスとは?

ユルゲン・ハーバーマス(Jürgen Habermas, 1929年6月18日 - デュッセルドルフ )は、ドイツの社会学者の一覧 社会学者、哲学者。フランクフルト学派第二世代に位置し、マルクス左派。公共性論や、コミュニケーション論の第一人者。哲学者のジャック・デリダとの論争や社会学者ニクラス・ルーマンとの論争、また1986年6月にフランクフルターアルゲマイネ紙に発表されたエルンスト・ノルテによる論文「過ぎ去ろうとしない過去」に対して批判を加えたことによる歴史家論争でも有名。「国民に承認され、擬制された憲法を尊重せよ」とする憲法愛国主義を提唱。
ゲッティンゲン、チューリッヒ、ボンの大学に通う1954年にフリードリヒ・シェリング シェリングに関する論文により博士号取得した後、1961年から1964年まではハイデルベルク大学において、1964年から1971年まではフランクフルト大学において社会学および哲学の教授。つづいて1971年から1983年までミュンヘン郊外のシュタルンベルクにあるマックス・プランク研究所所長を務めた後、1983年より再びフランクフルト大学教授に就任し、1994年に退官。2004年京都賞受賞。

ユルゲン・ハーバーマスの詳細

ユルゲン・ハーバーマスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵