ヴァルター・ベンヤミンとは?

ヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin, 1892年7月15日 - 1940年9月26日)は、ドイツの文芸評論家。ベルリンの裕福なユダヤ人家庭に生まれる。
文化社会学者として、唯物史観 史的唯物論とユダヤ的神秘主義を結びつけた。エッセイのかたちを採った自由闊達なエスプリの豊かさと文化史、精神史に通暁した思索の深さ、20世紀 20、21世紀の都市と人々の有り様を冷徹に予見したような分析には定評がある。
マルセル・プルーストとシャルル・ボードレールの翻訳がある。またベルトルト・ブレヒトを高く評価した。フランクフルト学派の1人に数えられる。第二次世界大戦中、国家社会主義ドイツ労働者党 ナチスの追っ手から逃亡中、ピレネーの山中で服毒自殺を遂げた。ハンナ・アレントは、彼を「homme de lettres(オム・ド・レットル/文の人)」と呼んだ。1929年と1932年に少年少女向けのラジオ番組に出演した。

ヴァルター・ベンヤミンの詳細

ヴァルター・ベンヤミンの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵