エマニュエル・レヴィナスとは?

エマニュエル・レヴィナス(Emmanuel Lévinas、1906年1月12日 - 1995年12月25日)は
フランスのユダヤ人哲学者・タルムード学者。リトアニア出身。
現象学や実存主義、ユダヤ思想を背景にした独自の倫理学思想を展開した。
エドムント・フッサール フッサールの現象学とマルティン・ハイデッガー ハイデガーの『存在と時間』から出発した。ハイデガー的な暴力的な存在論を排し、非暴力的な存在論の構築を目指して、『全体性と無限』を著す。しかし、ジャック・デリダ デリダの『暴力と形而上学』(『エクリチュールと差異』所収)によって批判され、もう一度倫理-存在論を構築することを目指す。その結果書き上げられたのが、『存在するとは別の仕方であるいは存在することの彼方へ』である。レヴィナスは暴力的でも非暴力的でもない、全く別の倫理-存在論、むしろ倫理-存在論ではない倫理-存在論を構築した。

エマニュエル・レヴィナスの詳細

エマニュエル・レヴィナス人気商品

レヴィナス入門 (ちくま新書)

レヴィナス入門 (ちくま新書)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

他者と死者―ラカンによるレヴィナス

他者と死者―ラカンによるレヴィナス

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常24時間以内に発送

レヴィナスと愛の現象学

レヴィナスと愛の現象学

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送


エマニュエル・レヴィナスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵