クロード・レヴィ=ストロースとは?

クロード・ギュスタヴ・レヴィ=ストロース(Claude Gustave Lévi-Strauss, 1908年11月28日 - )はフランスの文化人類学 文化人類学者、思想家。一般的な意味においての構造主義の祖。
1908年にベルギーに生まれる。祖先はアルザス出身のユダヤ人。パリ大学で哲学を学ぶ。
ブラジルを中心にフィールドワークを行なう。2度の落選を経て、1959年からコレージュ・ド・フランス教授。
言語学特に、フェルディナン・ド・ソシュール ソシュール、ロマン・ヤコブソン ヤコブソン等の構造言語学やフランス社会学、とりわけデュルケムの流れを汲む社会学者マルセル・モースに影響を受ける。
未開社会の婚姻規則の体系、神話、無文字社会を贈与の問題や、記号学的立場から分析し、数学の群論を使った分析(実際にはアンドレ・ヴェイユが行なった)等の業績がある。オーストラリアと東南アジアの婚姻規則の体系を構造言語学のインスピレーションをもとにして統一的観点からの分析し、博士論文となった1949年の『親族の基本構造』において自らの基本的立場を明らかにした。

クロード・レヴィ=ストロースの詳細

クロード・レヴィ=ストロース人気商品

百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]

百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常24時間以内に発送

はじめての構造主義 (講談社現代新書)

はじめての構造主義 (講談社現代新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

レヴィ=ストロース入門 (ちくま新書)

レヴィ=ストロース入門 (ちくま新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送


クロード・レヴィ=ストロースの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵