ピエール・ブルデューとは?

ピエール・ブルデュー(Pierre Bourdieu, 1930年8月1日-2002年1月23日)は、フランスの社会学者。コレージュ・ド・フランス名誉教授。
1930年 フランスに生まれる。
1951年 名門ルイ・ル・グラン校を経て高等師範学校 (フランス) 高等師範学校(ユルム校)で哲学を学ぶ。
1954年 高等師範学校を卒業。哲学のアグレガシオンを取得。
1958年 アルジェ大学に勤務のためにアルジェリアに。
1964年 フランス国立社会科学高等研究院(ÉHÉSS)教授。
1981年 コレージュ・ド・フランス教授。
2002年 死去。
主に教育と社会関係について分析し、文化資本の保有率が高いほど高学歴であることを統計的に証明した。またその子供も親の文化資本を相続し、同じく高学歴になることも統計的に証明した。彼はこれを再生産と呼んだ。

ピエール・ブルデューの詳細

ピエール・ブルデューの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵